好きな車を語ろう〜メルセデス・ベンツSL350&メルセデス・ベンツSLK55AMG

更新日:

サラっと乗りこなしたいセレブなオープンカー~メルセデス・ベンツSL350

 

メルセデス・ベンツSLクラスの魅力は、セレブ感溢れるオープンモデルであるという点にあります。2シーターのスポーツカーではあるものの、峠道を攻めるというような汗臭いイメージではなく、高速道路等をクルージングするラクシュアリーカーというイメージの強い車です。この車で屋根をオープンにして、ビーナスラインのような緩やかなカーブが続く山道や、湘南ビーチラインのような海沿いの道路をゆったり流すと、さぞや気持ちが良い事でしょう。また、この車で高級ホテルに横付けするのも如何にも様になりそうで、そんなシチュエーションに憧れを感じます。

しかし、問題は乗り手にもこの車に相応しいセレブな雰囲気が求められる点です。嫌味にならない程度のお洒落な服装で、サラっと乗りこなすのは容易ではなさそうです。自分のようなファッションセンスに乏しい人間がこの車に乗るとすれば、目立たないよう常時屋根を閉じて乗る事になるかもしれません。それはそうと、このSLクラスは、SL350こそベストチョイスであるという評論もあります。速さや余裕を求めるなら、当然SL550や更にそのうえのAMGモデルの選択になりますが、本来のコンセプトが「スーパーライト」であるので、パワーはそこそこでも軽いSL350を積極的に選ぶ価値があるという事のようです。

個人的にも、決して飛ばす方ではない事もあり、この350で必要十分です。勿論、価格が安い(と言っても1,000万円を軽く超えますが)点もメリットです。又、このSL350のみ、右ハンドル仕様が選べる点も見逃せません。左ハンドルは、やはりメリットよりもデメリットが多いので、日本で乗るには右ハンドルがベターです。そうした事も考えると、日本におけるSLクラスのベストチョイスは、予算に係らずSL350で決まりでしょう。

 

魅力あるAMG製2シーター~メルセデス・ベンツSLK55AMG

 

昨年、C63AMGセダンを購入していますが、本命はクーペ、更に言えば、当時まだ日本で未発売だったSLK55AMGが大本命でした。普段後席に人を乗せる機会はまずないので、2シーターのスポーツカーでも全く問題なかったのです。このSLK55AMGが入手出来なかった為、代替案としてSLK350も考えたのですが、最終的に絶対的なパフォーマンスを重視してC63AMGに決めた経緯があります。しかし、C63AMGが納車されてから数か月後にSLK55AMGが国内でもリリースされた時には、ちょっと早まったかな、と思いました。

SLKのデザインはとても恰好いいと感じていましたし、屋根がオープンになるのはやはり気持ちが良いものです。ディーラーでSLK200に試乗した事があり、オープン走行の爽快さと、意外に風の巻き込みが少なく快適である点は確認しています。それと、SLK55AMGの場合、パフォーマンスと燃費や環境性能の高さが両立している点も、魅力の一つです。ハイパフォーマンスカーといえど、今や燃費や環境性能対策が欠かせない時代になっていますが、このSLK55AMGはアイドリングストップは勿論の事、気筒休止マネジメントシステムの導入で時代の要請に対応しています。その結果、C63AMG並みの性能と、SLK350並みの燃費やCO2排出量を実現しているのです。

あまり後ろめたい思いをせず乗れるのは嬉しい事ですし、燃費の良さはお財布の負担に直結しますので(AMG乗りがガス代を云々するのは野暮かもしれませんが)、これも無視出来ないメリットです。唯一、このSLK55AMGにデメリットがあるとすれば、それは左ハンドルしか選べない点です。以前、左ハンドルの車を所有していた事がありますが、山道を走る際、左コーナーで前方の視界が効かず、神経を使いました。交差点の右折時の見通しの悪さや、ETCのない料金所や駐車場での不便さにも触れない訳にはいきません。右ハンドル仕様さえあれば申し分ない車なのですが、実に惜しいです。

-

Copyright© 姫路で車買取を依頼するなら絶対ココがお勧め!【2019年最新版】 , 2019 All Rights Reserved.